美白のための入浴方法

こちらのページでは、正しい入浴習慣を行うことが美肌に効果的であることを解説します。

なぜ入浴することが美肌に効果的なの?

入浴による血行促進効果とヒートショックプロテイン効果

入浴が美しい肌づくりに役立つ理由としては、入浴による血行促進効果とヒートショックプロテイン効果が挙げられます。

血行促進効果

湯船に浸かることで体が温まり、体内の血管が広がります。血管が広がることで血行が促進されるうえ、湯船の水圧によって体の末端の血液が押し戻されて心臓に戻るので、ダブルの効果で血液循環を促進してくれます。

血流が良くなると、体内の老廃物の排泄が促進されますし、体温が上がることで基礎代謝もアップします。代謝が活発になることで肌のターンオーバーも促進され、美肌効果が得られます。

ヒートショックプロテイン効果

「ヒートショックプロテイン」とは、熱によるショックを受けると増えるタンパク質のことです。このタンパク質は、熱から私たちの体を守る役割を持っています。

熱ストレスを体が受けると、私たちの体内ではヒートショックプロテインが増加して、ダメージを受けた細胞の修復をしたり、免疫細胞を活性化させたりします。

紫外線のダメージを修復する働きを持つヒートショックプロテインもあり、これが美肌にも大きく役立っているのです。

美白効果を高める入浴方法とは?

このように入浴習慣は、美肌につながる効果をもたらしてくれるのです。では、さらに美白効果を高めてくれる入浴方法とは、どのようなものがあるのでしょうか。

入浴のタイミング

食前に入浴すると、脂肪を優先的に燃焼させることができるので、ダイエット効果につながります。

入浴時間

血液が体内を巡り、1周して心臓に戻るのに1分かかります。体内を血液が10周は巡ってほしいので、短くとも10分は入浴すると良いでしょう。

湯船の温度

ぬるめのお湯ではなく、40度から42度の温度設定がおすすめです。ヒートショックプロテインが体内で増加するためには、体温を38度程度に上げる必要があるため、入浴時間を考える際はご自身の体温なども考慮しましょう。仮に42度の湯船に約20分間浸かったとすると、体温は約1.5度上昇するといわれています。

間違った入浴方法

なお、以下のような入浴方法は美肌効果を求める方には逆効果となるので、注意しましょう。

熱いお湯に長くつかる

熱いお湯では皮脂や肌の保湿成分が流れ出してしまうため、肌を乾燥させる原因になってしまいます。また、熱いお湯に浸かることで交感神経が急激に上昇し、血管が収縮してしまうことで、血の巡りが逆に悪くなってしまいます。

一番風呂に入る

一番風呂は清潔感があるものの、塩素の濃度が高く体に吸収されてしまいます。塩素は人体に害のない基準に基づいて加えられていますが、微量であっても殺菌剤が体に吸収されることは、肌には良くないため注意が必要です。

このような正しい入浴方法に合わせて、肌のターンオーバーを助けるLシステイン配合のサプリも取り入れてみては?

美白に有効なLシステインについて、その働きや効果を分かりやすくまとめました。美白サプリ選びにぜひ参考にしてください。

Lシステインのさまざまな効果まとめをみる