美白サプリ決定版 » 毎日の生活でできる美白方法とは? » 紫外線を知って美白をつくろう

紫外線を知って美白をつくろう

こちらのページでは、紫外線の種類やその有害作用、また日焼け止めクリーム等で防ぎきれない紫外線について、その防ぎ方も併せて解説いたします。

紫外線の種類

「紫外線」はA波、B波、C波と3種類ありますが、紫外線C波は地上にはあまり届いていないと言われており、私たちが気を付けてケアしなければならないのが紫外線A波、紫外線B波です。

私たちが浴びている紫外線のほとんどが紫外線A波で、気候、天気などに関係なく一年中地表に降り注いでいます。太陽から届く紫外線の約90%を占め、肌に急にダメージを与える作用は弱いものの、室内などでも観測されることがあり、肌に蓄積的なダメージを与えます。

A波は、しわやたるみ、肌のハリや弾力を失わせて、肌の老化を引き起こす原因になるほか、すでにできているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くさせる作用もあります。

一方のB波は、太陽から届く紫外線の量は約10%と少ないのですが、肌への作用が強いため、肌の表面にダメージを与え、日焼け、しみ、そばかすの原因となります。また、美容に悪影響を与えるだけでなく、免疫力の低下、皮膚がん、白内障などの病気と深く関わっていることも分かっています。

紫外線対策のポイントと加齢の影響

このA波、B波は常に降り注いでいるため、それを防ぐためには日常的に日焼け止めを使うことを習慣化してしまうのがおすすめです。普段の生活では、SPF20程度、PA+くらいで充分なので、毎日日焼け止めを塗るようにしましょう。化粧下地や化粧品などにも、紫外線を防いでくれる成分が入っているものがあるので、試してみてはいかがでしょうか。

年齢を重ねた肌ほど抵抗力が弱くなるため、細胞の老化も進みます。加齢とともにしっかりとしたケアをし、より紫外線への注意を払うことで肌を守りましょう。

日焼け止めで防ぎきれない紫外線

日焼け止めクリームなどでケアできない、でも紫外線から守りたいもの。それは「目」です。

長時間、強い紫外線を浴びると、白内障や角膜炎になるリスクがあるほか、しみの原因になるともいわれています。これは、目が紫外線を浴びると、「紫外線が入ってきた」という情報が脳に伝えられ、紫外線から体を守るために「メラニン色素を作れ」という指令が脳から体内に伝えられるからです。

紫外線防止策 その1:サングラス

この「目」への紫外線予防におすすめなのが、サングラスです。色が濃いレンズの方が紫外線を防げると思われがちですが、色と紫外線カットの性能は関係がなく、「紫外線透過率」が重要なので、サングラス選びの際は確認することが必要です。

しみ予防のためにも、サングラスを着用することで、目からも紫外線が入ることを防ぎ、万全の美白ケアをしていきましょう。

紫外線防止策 その2:美白サプリ

美白サプリの中にはファーンブロックやニュートロックスサンなど、いわゆる「飲む日焼け止め」に配合されるような成分を含んでいるものもあります。強い抗酸化作用などを持ち、紫外線のダメージに強いといわれるこれらの成分を摂取することで体の内側から紫外線対策ができるため、「目」から入ってくる紫外線にも有効というわけです。

また美白サプリであれば、ターンオーバーの正常化やメラニン生成を抑制するといった効果もあるため、美白への効果も期待できます

正しい紫外線対策を行うとともに、肌のターンオーバーを助けるLシステイン配合の美白サプリも取り入れてみてはいかがでしょうか?

美白に有効なLシステインについて、その働きや効果を分かりやすくまとめました。美白サプリ選びにぜひ参考にしてください。

Lシステインのさまざまな効果まとめをみる