美白サプリ決定版 » 毎日の生活でできる美白方法とは? » 質のよい睡眠で美白をつくる

質のよい睡眠で美白をつくる

こちらのページでは、美白と睡眠の関係について着目し、睡眠に関して解説していきます。

質の良い眠りと美白効果について

美白のためには、質のよい睡眠をとることが重要です。というのも、肌細胞の新陳代謝は睡眠中に行われるため、睡眠時間が不足していては新陳代謝が正常に行われないからです。睡眠不足が続くとターンオーバーの周期が長くなってしまい肌細胞の入れ替わりがなかなかできない状態に。やがてはしみ、しわ、たるみができる原因になってしまいます。

よい睡眠とは

夜10時から2時までの4時間は肌のゴールデンタイムと言われ、肌のターンオーバーが起こる時間帯です。この時間帯は成長ホルモンの分泌が最も多くなるため、皮膚の細胞分裂・再生が促されます。よって、この時間帯に深い眠りについていることが肌の再生には重要です。さらに、睡眠中に行われる肌の修復には最低でも6時間程度かかると言われています。美白のためにも、質の高い睡眠を十分に意識してとるようにしましょう。

よい睡眠をとることによる美白効果

注目したいのは睡眠中に分泌されるターンオーバーに欠かせない成分、成長ホルモンとメラトニンです。メラトニンは睡眠を促すために分泌される成分で「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、睡眠の質を良くする働きがあります。メラトニンが多いほど成長ホルモンも多くなり、アンチエイジング効果を発揮します。また、メラトニンはメラニン色素の排出を促進し、肌を美白へと近づけます。

睡眠不足が肌に及ぼす影響

睡眠不足の場合にはターンオーバーの周期がどんどん長くなります。周期が長くなることで出来てしまったメラニン色素を自然に排出できる期間も長くなってしまい、さらに排出しきれない色素が沈着して、しみになってしまうのです。

上記のことからみても、美白のためには質のよい睡眠をとって、肌のターンオーバーを高めることが大切です。良質な睡眠時間を確保しつつ、体の内側から働きかけるLシステイン配合のサプリも取り入れてみてはいかがでしょうか。

美白に有効なLシステインについて、その働きや効果を分かりやすくまとめました。美白サプリ選びにぜひ参考にしてください。

Lシステインのさまざまな効果まとめをみる