アルブチン | 美白成分

厚生労働省から美白成分として認可されている「アルブチン」。どんな成分なのかはもちろん、α-アルブチンとβ-アルブチンの二種類についての違い、美白の働き等について解説していきます。

アルブチンはその美白効果の高さから、注目されている成分です

Q.アルブチンってどんな成分ですか?

アルブチンは、「α-アルブチン」と「β-アルブチン」の2種類が存在しています。まずはそれぞれの違いを解説します。

α-アルブチン

「α-アルブチン」は強い美白力を持つ一方で副作用のリスクがある「ハイドロキノン」という成分を参考にして、より穏やかで肌に優しい美白成分を求めて開発されました

肌の漂白剤と呼ばれる「ハイドロキノン」と「ブドウ体」を、独自の配糖化技術を用いて結合した人工的につくられた成分になります。

β-アルブチン

一方の「β-アルブチン」はコケモモや梨、ウルワウルシなどツツジ科のハーブなどの植物に含まれている天然由来の抽出物です。

天然と聞くと良い成分とイメージされるかもしれませんが、α-アルブチンと比較すると肌との親和性が低く、美白効果は劣っています

安全で効果が高いのは「α-アルブチン」

β-アルブチンと比較すると、α-アルブチンの方が肌との相性が良いとされ、美白効果も10倍近く高いという研究結果が出ています。そのため化粧品にはα-アルブチンが配合されていることが多いです。

以前はアルブチンと言えばβ-アルブチンのことを指していましたが、近年では効果と安全性の高さからα-アルブチンのことを指すようになっています。

Q.アルブチンと美白ってどんな関係が?

まず、日焼けやしみの元となるのは「メラニンの黒色化」。その黒色化はチロシナーゼがメラニンを酸化させることで起こります。アルブチンにはそのチロシナーゼの働きを阻害する作用があります。

つまり、アルブチンがチロシナーゼの働きを抑えることによって、「メラニン色素の発生が抑制=しみの元を減らす」という美白効果が期待できるのです。

Q.アルブチンと一緒に摂った方がいい成分は?

アルブチンはビタミンCと合わせて使用することで効果が高まります。これは、ビタミンCにもメラニンの生成を抑える働きがあるので、アルブチンとのWの効果でしみが濃くなることを防いでくれるからです。

アルブチンを含む食べ物としては、マッシュルームや梨・コケモモなどがありますが、効果の高さを考えると人工的につくられている「α-アルブチン」をサプリなどで摂取するほうが効果的でしょう。ビタミンCを含む食べ物としてはチゴ・アセロラ・ゆず・パプリカ・ゴーヤなどがありますので、併せて食べることを意識すれば美白効果を高めることができます。

美白を考えるならLシステイン配合の美白サプリもおすすめです。

Lシステインが配合されたサプリメントを一覧表で分かりやすくまとめましたので、美白サプリ選びにぜひ参考にしてください。

Lシステイン配合の美白サプリおすすめ一覧をみる