美白サプリ決定版 » 美白サプリのさまざまな成分とは? » アスコルビン酸(ビタミンC) | 美白成分

アスコルビン酸(ビタミンC) | 美白成分

こちらのページでは、美肌や美白対策に効果のある成分「アスコルビン酸(ビタミンC)」について、サプリメントアドバイザーに解説してもらいましょう。

強い抗酸化作用を持つアスコルビン酸

Q.アスコルビン酸ってどんな成分でしょうか?

「アスコルビン酸」と聞いてピンとくる方はあまりいらっしゃらないと思いますが、実はビタミンCの化学名が「アスコルビン酸」なんです。「アスコルビン酸=ビタミンC」だとわかれば、急に身近に感じられますね。

Q.アスコルビン酸には、どんな働きがありますか?

アスコルビン酸は多くの成分の中でも、特に強い抗酸化作用を持つ水溶性ビタミンです。体内に発生する活性酸素を抑える働きを「抗酸化」といい、アスコルビン酸が活性酸素と結びついて酸化することで、他の物質が酸化させられるのを防ぎます。

肌のしわやたるみなども活性酸素の仕業ですが、アスコルビン酸が作用することで、しわやたるみの予防にもなるそうです。女性には嬉しい成分ですね。

このほかにも、アスコルビン酸には免疫力を高める効果や、ストレスを緩和する効果、貧血の予防効果などがあり、私たちが生きるために絶対に必要な成分なのですが、残念ながら自分では作れない必須ビタミンであるため、アスコルビン酸を含む食品やサプリメントから摂取する必要があります。

Q.アスコルビン酸と美白ってどんな関係があるのですか?

美白の大敵はしみ、そばかすです。しみやそばかすの原因となるのはメラニンですが、アスコルビン酸にはメラニンの元となるチロシンの働きを抑える効果があるため、メラニンの生成を抑制することができます。

同時にメラニンの排出をサポートする働きもあるため、しみやそばかすを予防することで、美白に働きかけることができるのです。また、強い抗酸化作用によって、すでに出来ているしみやそばかすに対しても、色素を薄くして目立たなくする効果を発揮します。

Q.アスコルビン酸はどのくらい摂取すればいいのでしょうか?

アスコルビン酸は水溶性で体外へ排出されやすいため、効果を持続させるためには、毎日、継続的に摂ることが必要です。

美白を考えるなら、アスコルビン酸だけでなく、Lシステインも一緒に配合されている美白サプリを選ぶことで相乗効果が得られます。

Lシステインのさまざまな効果まとめをみる

Profile

【監修】
サプリメントアドバイザー
布施 公予さん

略歴・経歴

株式会社ナースキュア代表。自身も看護師やケアマネージャーとして15年の経歴を持つ。栄養学を改めて学びサプリメントアドバイザーを取得。美容コラムの執筆や、テレビ・ラジオ等にも出演。