美白サプリ決定版 » 美白サプリのさまざまな成分とは? » リンゴンベリーエキス | 美白成分

リンゴンベリーエキス | 美白成分

こちらのページでは、美白効果で有名な成分「リンゴンベリーエキス」について解説していきます。

野生のリンゴンベリーから取り出したエキス

Q.リンゴンベリーエキスってどんな成分ですか?

コケモモという木になった実が「リンゴンベリー」と呼ばれ、その中でも無農薬の野生のリンゴンベリーから取り出したエキスをリンゴンベリーエキスといいます。マイナス40度にもなる北欧やユーラシア大陸北部に自生しているパワフルな植物で、北欧の方にとってはジャムなどでおなじみの果実です。最近になって、多くの健康効果が期待できることで話題になっています。

成分としては、ビタミンA(βカロテン)やビタミンE(αトコフェロール)、ビタミンCなどのビタミン類や、マンガン、カリウム、カルシウム、リンなどのミネラル、アルブチン、レスベラトロール、アントシアニン、プロシアニジンなどが含まれています。

Q.リンゴンベリーエキスと美白にはどんな関係があるのですか?

リンゴンベリーの成分で特に注目したいものは、ポリフェノールの1種である「レスベラトール」と「αアルブチン」です。

レスベラトールは強力な抗酸化作用を持っているので、紫外線のダメージから肌の細胞を守り、しみやそばかすなどの肌トラブルを予防します。また、私たちの細胞内にある「テロメア」を保護する働きもあります。

この「テロメア」は細胞の生まれ変わりに関わりがあるため、肌のターンオーバーにも密接に関係してきます。テロメアがダメージを受けるとターンオーバーに乱れが生じたり、新しく生まれてくる細胞に異変が生じ、肌が老化へと進んでしまいます。しかしレスベラトールによりテロメアが保護されることで、若々しい肌を保つことができるのです。

一方の「αアルブチン」は、しみやくすみ、そばかすの原因となるメラニン色素を生成する酵素を抑制します。また、すでに沈着してしまった色素を薄める働きも持っています。

予防もできるうえ、既にできてしまっているしみやそばかすまで薄くできるのですから、嬉しい成分ですね。

美白を考えるなら、リンゴンベリーだけでなく、美白の代表成分であるLシステインが配合されているサプリもぜひ検討してみてください。

Lシステインのさまざまな効果まとめをみる

Profile

【監修】
サプリメントアドバイザー
布施 公予さん

略歴・経歴

株式会社ナースキュア代表。自身も看護師やケアマネージャーとして15年の経歴を持つ。栄養学を改めて学びサプリメントアドバイザーを取得。美容コラムの執筆や、テレビ・ラジオ等にも出演。