リコピン | 美白成分

こちらのページでは、しみやしわ、美白に効果のある成分「リコピン」についてサプリメントアドバイザーの解説からわかりやすくお伝えしていきます。

色素成分リコピンの美白効果

Q.リコピンってどんな成分でしょうか?

「リコピン」は、成熟したトマトなどに含まれる赤色やオレンジ色の色素成分「カロテノイド」のひとつで、にんじんやパセリ、ほうれん草などに多く含まれている「β-カロテン」もカロテノイドです。

カロテノイドは強い抗酸化作用を持ち、中でも、リコピンは特に強い抗酸化作用を持っています。その作用はβ-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍ともいわれています。

この強力な抗酸化作用の働きによって、リコピンには老化防止、活性酸素の消去、脂肪蓄積ケア、アルコール分解サポートなどの効果があることが発表されています。

私たちが生きていくうえで酸素は必要ですが、酸素には細胞を酸化させる働きがあり、老化や動脈硬化、がんなどの生活習慣病を引き起こす恐れがあります。そのため、抗酸化作用を持つリコピンやβ-カロテンに期待が集まっているのです。

Q.身近な食材に含まれていますが、おすすめの摂取方法はありますか?

リコピンを摂取するにはトマトやトマトジュースが最適です。トマトの完熟度が高いほど、リコピンの濃度も高くなるので、真っ赤なトマトを選ぶと良いでしょう。

リコピンは脂溶性の成分なので、油脂分に溶けた状態で初めて体内に吸収されます。そのため、リコピンを摂取するときには、同時に乳製品・油脂分を含む食品と一緒に摂取することがおすすめです。

Q.リコピンと美白ってどんな関係があるの?

紫外線を浴びると肌表面では炎症や表皮のごわつきが発生し、 肌内部ではしみのもとになるメラニン色素が大量に生成され、肌にダメージを与えます。しかし、リコピンにはメラニン色素の発生を抑制する働きはもちろんのこと、紫外線によるダメージすべてに有効な働きがあるので、しみ、そばかすを予防し、美白をもたらす効果が期待できるのです。

また、リコピンにはビタミンCも含まれているため、美肌にも作用します。ビタミンCにはコラーゲン生成を促進する働きがあるため、肌の張りをサポートし、しわ、たるみの予防にもつながります。

美白を考えるなら、リコピンだけでなく、美白の代表成分であるLシステインが配合されているサプリもぜひ検討してみてください。

Lシステインのさまざまな効果まとめをみる

Profile

【監修】
サプリメントアドバイザー
布施 公予さん

略歴・経歴

株式会社ナースキュア代表。自身も看護師やケアマネージャーとして15年の経歴を持つ。栄養学を改めて学びサプリメントアドバイザーを取得。美容コラムの執筆や、テレビ・ラジオ等にも出演。