美白サプリ決定版 » 美白サプリのさまざまな成分とは? » トラネキサム酸 | 美白成分

トラネキサム酸 | 美白成分

こちらのページでは、美白成分「トラネキサム酸」のそばかす、肝斑、炎症後色素沈着への効果について解説していきます。

美容皮膚科で治療用として使われるトラネキサム酸

Q.トラネキサム酸ってどんな成分ですか?

「トラネキサム酸」は人口的に合成されたアミノ酸の一種で、厚生労働省から美白効果のある成分と認められている成分です。

炎症を引き起こし、肌荒れの原因物質となる酵素「プラスミン」の働きを抑える効果があるトラネキサム酸は、もともとは抗炎症薬や止血剤として医療の現場で使われてきた薬でした。

肌荒れ予防やじんましんの治療の目的で使用されてきましたが、治療を行う中で肝斑が薄くなるなどの改善症状が出たため、トラネキサム酸には肝斑やしみに対しても作用する美白効果があることが知られるようになりました。

内服薬としても、外用薬としても、どちらでも効果的だとされていて、有名な美白成分のひとつです。

Q.トラネキサム酸のしみに対する効果は?

トラネキサム酸には、しみの原因となるメラニン色素の生成を抑える作用があります。また、炎症を抑える作用もあり、このふたつの作用により美白効果が期待できます。

Q.トラネキサム酸は、しみだけに効く成分なのでしょうか?

肌のきれいな女性

具体的には、そばかす、肝斑、老人性色素斑、傷などの炎症後色素沈着といったしみ全般に効果があります。

紫外線を浴びると、しみの原因であるメラニンを生成する細胞「メラノサイト」の周りにある肌細胞に、メラニンを生成するように情報伝達が出されます。

トラネキサム酸は、この際に出される情報伝達物質「プロスタグランジン」の働きを抑えることで、メラニンの生成を防ぎ、しみやそばかすを予防します。つまり、しみができる前の段階からしみが作られるのを防ぐのです。

そのうえ抗炎症作用によって肌荒れを予防して、炎症性のしみやニキビ跡を改善するなどの肌に嬉しい効果ももっているので、トラネキサム酸と美白とは深い関係があると言っても良いでしょう。

実際、トラネキサム酸はしみや肝斑のケアのために、美容皮膚科などで治療用として使用されていますし、美白の有効成分として化粧品などにも用いられています。しかし、トラネキサム酸は血液を固まりやすくする作用があるため、心筋梗塞、脳梗塞、血栓性静脈炎などの病気がある方は注意が必要です。

日焼けによるしみ対策などの美白を考えるなら、Lシステイン配合の美白サプリもありますので検討してみてはいかがでしょうか。

Lシステインのさまざまな効果まとめをみる

Profile

【監修】
サプリメントアドバイザー
布施 公予さん

略歴・経歴

株式会社ナースキュア代表。自身も看護師やケアマネージャーとして15年の経歴を持つ。栄養学を改めて学びサプリメントアドバイザーを取得。美容コラムの執筆や、テレビ・ラジオ等にも出演。