美白サプリ決定版 » 美白成分Lシステインとは?

美白成分Lシステインとは?

こちらのカテゴリーでは、美白成分Lシステインについて、そのさまざまな効果や副作用、摂取方法などをまとめて解説しています。

Q.Lシステインの配合量を謳っているものが多いけど、どんな効果があるの?

Lシステインは、美白効果をはじめとして、シミ、そばかす、赤ら顔、ニキビ跡といった肌トラブルの改善にも有効な成分です。Lシステインのさまざまな効果について、そのメカニズムなどを詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

Lシステインのさまざまな効果まとめについて見る

Lシステインの美白効果

Lシステインの効果として代表的とも言えるのが、美白効果です。肌の代謝(ターンオーバー)を正常化する作用や、メラニンの過剰な生成を防ぐ作用によって、肌のメラニン量を減らして明るい肌へと導きます。

Lシステインの美白効果について見る

しみ・そばかすへのLシステイン効果

しみ・そばかすは、肌に残った黒色メラニンが沈着してしまった状態です。Lシステインには、メラニンの排出を促す働きや、ビタミンCと共に黒色メラニンを無色化する働きがあるため、できてしまったシミにもアプローチできます。

しみ・そばかすへのLシステイン効果について見る

赤ら顔へのLシステイン効果

赤ら顔を悪化させる原因の1つが「皮膚の薄さ」。薄くなってしまった肌を本来の健康的な厚みに戻すためには、肌に優しいスキンケアに加えて、Lシステインで肌の代謝を正常化して角質層を育てることもおすすめです。

赤ら顔へのLシステイン効果について見る

ニキビ跡へのLシステイン効果

ニキビの炎症が治まった後、色素沈着によってできてしまうニキビ跡も、適切なケアを続けることで改善可能です。Lシステインで肌のターンオーバーを整えると共に、紫外線対策もしっかり行いましょう。

ニキビ跡へのLシステイン効果について見る

LシステインとLシスチンの違いとは

Q.LシステインとLシスチンは同じ成分?何が違うのか教えて!

LシステインとLシスチンは、どちらもアミノ酸の一種で同じ物質からつくられています。そのためLシスチンを摂取することでも、体内のLシステイン量を増やすことができますが、摂取の際に意識した方がよい違いがあります。

LシステインとLシスチンの違いとはについて見る

Lシステイン(Lシスチン)を含む食品

Q.Lシステインは普段の食事でも摂れるの?

食品の中には、Lシステイン分子が2つ結合した「Lシスチン」や、Lシステインの原料になる「メチオニン」という形で含まれています。Lシスチンやメチオニンを多く含む食品を把握しておけば、普段の食事でも摂取は可能です。

Lシステイン(Lシスチン)を含む食品について見る

Lシステインに副作用はあるの?

Q.Lシステインには、どんな副作用があるの?

Lシステインは安全性が高い成分で、副作用もほぼないです。とは言え、過剰な摂取によって腹痛や吐き気を引き起こす可能性も。より安全に安心してLシステインを飲むためには、注意点も確認しておきましょう。

Lシステインに副作用はあるの?について見る

Lシステインの1日の摂取量

Q.Lシステインは1日にどれくらい摂ればいいの?摂りすぎるとどうなるの?

WHOが定めているLシステイン(+メチオニン)の推奨摂取量は、1日あたり体重1kgにつき15mgです。過剰に摂取すると、副作用が起こる可能性もありますので、医薬品やサプリメントは用量・用法を必ず守って飲みましょう。

Lシステインの1日の摂取量について見る

各ページでは、美白成分Lシステインについて、事前に知っておきたい情報を詳しくまとめています。Lシステイン配合の医薬品やサプリメントが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。