二日酔いへのLシステインの効果

Lシステインがなぜ二日酔いに有効なのかというと、Lシステインが持つ解毒作用がその理由。どういったメカニズムなのか、二日酔いの原因からわかりやすく解説していきます。

Q.そもそも二日酔いの原因とは?

二日酔いの原因といわれるのは「アセトアルデヒド」という物質です。

あまり聞きなれない方も多いと思いますが、この物質はアルコールを体の中で分解する途中で発生します。お酒(アルコール)を飲むと肝臓の酵素の働きでアルコールはアセトアルデヒドに分解されます。その後、別の酵素の働きによってアセトアルデヒドは酢酸→水と二酸化炭素、といった流れで分解されていき体の外へと出ていきます。

実はこのアルコールを分解する力は人種や遺伝的体質などによって差があり、この分解能力以上のアルコールを摂取してしまうと、分解が間に合わずにアセトアルデヒドが体内に残ってしまうのです。

アセトアルデヒドは毒性が強く、その毒性により二日酔いといわれる状態(頭痛や吐き気、のどの渇き等)になってしまうといわれています。アセトアルデヒドは徐々に分解されていきますが、体内に残っている間はこの二日酔いの症状と戦うことになってしまいます。

Q.Lシステインが二日酔い対策に有効って本当?

二日酔い対策として、まず「ウコン」が有名です。ウコンには肝臓の機能をサポートするクルクミンという成分が含まれており、アルコールを分解する力を高めることで二日酔いを防ぐというわけです。しかしこのクルクミンは、摂取しても体内にはあまり吸収されていないという説もあります。

そんな中、二日酔いへの効果があるといわれているのが「Lシステイン」という物質です。実は美白成分としても知られているのですが、このLシステインが持つある作用が、二日酔い対策になるといわれています。

それはLシステインの「解毒作用」。体内のアセトアルデヒドを中和して、無毒化してしまうという働きを持っているのです。この働きこそLシステインが「二日酔いの原因を取り除ける=二日酔い対策に有効」といわれている理由です。

飲むタイミングは、お酒を飲む前?後?

効果を実感している方のお話しで一番多いのは、「飲む前」と「就寝前」の2回服用パターン。お酒を飲んでいる最中のアルコール分解を進めておき、さらに就寝前に飲むことで寝ている間の分解も促進。結果、翌朝には二日酔いの原因となるアセトアルデヒドが体内に残っていない状態をつくりやすくなります。

Lシステインにはこのような二日酔いへの効果のほか、美白効果、しみ・そばかす改善効果、眼精疲労の回復といった様々な効果を持っています。二日酔い対策+αの効果が得られるので、二日酔いに悩んでいる方は、試しにLシステインを摂取してみてはいかがでしょうか。

Lシステインは二日酔いだけでなく、美白サプリの成分としても有名です。美白への効果も期待しながら、二日酔い対策もできるので、お酒が好きな方にも注目してほしい成分です。

美白にも有効なLシステインが配合されたサプリメントを一覧表で分かりやすくまとめました。サプリを選ぶ際にぜひ参考にしてください。

Lシステイン配合の美白サプリおすすめ一覧をみる