ニキビ跡へのLシステインの効果

ニキビ跡のケアにLシステインが有効な理由とは?

ニキビが跡になってしまう原因と、Lシステインのニキビ跡への働きについて、サプリメントアドバイザーの布施さんに解説してもらいました。

Q.ニキビ跡ができてしまう原因は?

まず、ニキビは過剰な皮脂分泌で毛穴が詰まり、そこにアクネ菌が繁殖することで炎症が起きてしまっている状態です。さらに赤いニキビができている時は、毛穴の中に皮脂がたまりアクネ菌が増殖している状態です。

ニキビが治ったあと、色素沈着を起こして跡になってしまうのは、炎症の刺激によってメラニンが過剰に生成されてしまうことや、炎症による出血が起こった後にヘモグロビンが酸化して色素沈着してしまうことなどが原因として挙げられます。

Q.できてしまったニキビ跡は治らないでしょうか?

色素沈着してしまったニキビ跡も、適切なケアをすれば改善することができます。ただし、できてしまったニキビ跡を消すには、ある程度長い期間が必要になりますので、根気よく続けていくことが大切です。また、紫外線もニキビ跡が色素沈着を起こす原因になりますので、毎日の紫外線対策もしっかり行っていきましょう。

Q.ニキビ跡のケアに必要なことは?

ニキビ跡をケアするために、まずは肌を健やかな状態に整えることが大切です。健康な肌はバリア機能によって新たなニキビができにくく、またターンオーバーが促進されることで、メラニンを含む古い角質が排出されて色素沈着が改善されます。肌が新しく生まれ変わるのに約42日間かかるとされていますので、ニキビ跡のケアも根気よく継続していきましょう。

Q.ニキビ跡におすすめのケアはありますか?

ニキビ跡をケアするには、体の外側から働きかける塗り薬や化粧品、そして体の内側から改善する内服薬、2つの方法があります。塗り薬は、アクネ菌を殺菌してニキビの炎症を抑えるニキビ薬や、肌の代謝を高めてニキビ跡や傷跡を改善する薬などがあり、ニキビやニキビ跡にダイレクトに働きかけるものです。

体の内側からアプローチする内服薬は、Lシステインが多く配合されているものが良いでしょう。Lシステインには、メラニンの過剰な生成を抑制する作用や、できてしまった黒色メラニンを無色化する作用、肌の代謝(ターンオーバー)を正常化する作用などがあり、ニキビ跡の改善だけでなく、全身の美白・美肌に有効な成分です。

美白に有効なLシステインが配合されたサプリメントを一覧表で分かりやすくまとめました。美白サプリ選びにぜひ参考にしてください。

Lシステイン配合の美白サプリおすすめ一覧をみる

Profile

【監修】
サプリメントアドバイザー
布施 公予さん

略歴・経歴

株式会社ナースキュア代表。自身も看護師やケアマネージャーとして15年の経歴を持つ。栄養学を改めて学びサプリメントアドバイザーを取得。美容コラムの執筆や、テレビ・ラジオ等にも出演。