赤ら顔へのLシステインの効果

赤ら顔の原因と、Lシステインの効果を解説!

Lシステインの赤ら顔(毛細血管拡張症)への効果についてサプリメントアドバイザーの布施さんに解説してもらいました。

Q.赤ら顔の症状や原因は何でしょうか?

「毛細血管拡張症」とも呼ばれる赤ら顔は、毛細血管の拡張によって、肌表面から血液の色が透けて見えているために、顔が赤く見えてしまう症状のことです。気温が上がった時や興奮した時などに血流が増えると、頬や鼻などの赤みが強くなります。

赤ら顔を悪化させる原因としては、毛細血管の拡張以外に、皮膚の薄さや、ニキビ・かぶれによる炎症などが考えられます。

Q.どうして皮膚が薄くなってしまうのですか?

皮膚が薄くなってしまうのは、生まれつきや加齢による場合もありますが、自分で肌を削って薄くしてしまっている可能性もあります。刺激の強い洗顔料やピーリング剤で日常的にスキンケアしていると、摩擦などによって肌を削ってしまいがちです。

肌が薄くなると、タイトジャンクションが正しく働かなくなり肌のバリア機能が低下します。その結果、吹き出物などの炎症も起こりやすくなり、赤ら顔をさらに悪化させることにもつながってしまいます。

※タイトジャンクションとは…隣り合う上皮細胞をつなぐ細胞間結合のこと。様々な分子が細胞間を通過してしまうのを防いでいる。

Q.皮膚の薄さを改善する方法はありますか?

薄くなってしまった皮膚を、本来の健康的な厚みに戻すためには、角質層を育てることが重要です。角質層が健やかな状態になれば、寒暖差による毛細血管の過剰な反応も改善されますし、肌のバリア機能が回復することで炎症による赤みも治まっていきます。

Q.角質層を育て、赤ら顔を治すには?

角質層を育てるためには、まず、刺激の少ない化粧品を使ってスキンケアすることが大切です。強い力を入れて擦らずに優しく洗顔したり、炎症や赤みが気になる時はメイクを控えめにしたりと、肌に優しいスキンケアを心がけましょう。

また、Lシステイン配合の医薬品やサプリメントを摂取するのもよいです。Lシステインは皮膚に多く存在しているアミノ酸の一種で、肌の代謝(ターンオーバー)を正常化する作用があり、角質層を健康な状態に近づけてくれます。

スキンケアもサプリメントも、日常的に継続することが大切なので、肌を健康な状態に保つためには根気よく続けてみてください。

美白に有効なLシステインが配合されたサプリメントを一覧表で分かりやすくまとめました。美白サプリ選びにぜひ参考にしてください。

Lシステイン配合の美白サプリおすすめ一覧をみる

Profile

【監修】
サプリメントアドバイザー
布施 公予さん

略歴・経歴

株式会社ナースキュア代表。自身も看護師やケアマネージャーとして15年の経歴を持つ。栄養学を改めて学びサプリメントアドバイザーを取得。美容コラムの執筆や、テレビ・ラジオ等にも出演。